不二流体術と空手との違い

空手との違い

本来の空手の型は鍛錬で行っていた型は素晴らしいですが、そのまま現代人が行っても本来の効果は出ません。
伝統空手の型に内包されている力・知と実践について基本稽古を行う身体に現代人は値しないからです。
まず空手の型を通して何を得れるのか、本質は何か、を体術で学びます。

空手と体術が全く違うと、思われがちな感性は、実は武道と言う「守る」という中心からの広がりの中での「一つ」であるという事を、体術の稽古で認識出来ます。

空手→体術と簡単に顕すという事は、その感性を単に同じ素手とみなしますが、体術を経る事で、そこには身体操作の理事一致が、同じ方向を意識させます。

不二流体術は技を通して肚と軸を練り上げ、教えとして当たり前にそれを意識し稽古します。
それは武の本質で、技が違えど空手も本来同じ効果があり不二流体術を稽古する事で型で得られる物が効率よく学べます。

現代空手のように、闇雲に稽古の数を増やすのではなく、身体に隠されている未開発な部分に焦点を当て、この先さらに伸びる方向性を模索して行きます
体術の稽古法は、1万回 空手の型をするよりも効果的です。

愛知県名古屋で本物の空手・合気武術を習うなら不二流体術へ。

 

〒457-0835
愛知県名古屋市南区西又兵ヱ町2丁目57

052-880-4504

お問い合わせ