合同護身術稽古

平成31年合同護身術稽古

東京は新宿にて今年最初の合同護身術稽古が行われました。力の交換や移動・突きからの掛け手などは基本の護身術稽古ですが、新しい稽古法をお教え頂きました。
これは身体の作り方に凄く効く稽古法です。身体がガクガクです(笑)まだ余計な所が力み使いわなけれび行けない所が多々あると身体が教えてくれています。護身術の土台作りは面白い。

薄紙を一枚一枚重ねるように

やはり武術・護身術の稽古は一朝一夕で出来る事は絶対にあり得ません。況してや植芝盛平先生や塩田剛三先生を神格化して神技と見ている様では、きちんとした稽古法がないのでしょう。合気の護身術の土台がきちんと出来てこれば、不思議でも何でもありません。問題は、その流派に本物の稽古法があるかないか、指導する人が分かっているかどうかでしょう。十中八九は分かっていません。本物は少ないという事です。武道・護身術の稽古は薄紙を一枚一枚重ねる作業ですが、しかし、その紙が本物でなければ時間もお金も無駄になります。

身体を味方にする

護身術・武術の稽古でもそうですが、統一体を作らなければなりません。筋トレなどで部分を鍛えても部分体の身体ができ護身術・合気からは遠ざかります。やはり全身を統一して統一体で、自分の身体を味方にすることが出来れば、身体は学んだモノで自分を守ってくれます。これこそが本当の護身術です。勿論、技も実戦的ですよ^ ^

護身術・古武術・古武道を習うなら愛知県名古屋市の不二流体術名古屋道場

#護身術 #護身術名古屋 #名古屋市護身術 #護身術愛知県 #子ども護身術

〒457-0835
愛知県名古屋市南区西又兵ヱ町2丁目57

052-880-4504

お問い合わせ