和歌山県支部道場より出稽古

和歌山県支部道場より出稽古

本日は、和歌山県支部道場より平瀬初段が出稽古に来ました。和歌山県支部道場は平瀬初段をなくして語れません。道場生も良い刺激になったと思います。私も平瀬初段と一通り手合わせしました。
護身術稽古で嬉しい筋肉痛
最近、移動の護身術稽古を沢山するので、私の右ハムストリングスの内側が、かなりの筋肉痛です!汗
2日前は、足を若干引きずってました(笑)
筋肉痛は基本良い事だと私は思います。筋肉痛を繰り返し強くなる。進化です。
それぞれの不二流体術

平瀬初段も含め各人にあった不二流体術。
愛知県支部道場では、本気で強くなりたい方・余暇として武術を楽しみたい方・健康維持の方と始める目的は千差万別です。
ただ、上達に置いて共通して言えるのは、楽しむ事です。楽しむからには中途半端ではなく徹底的に楽し見ましょう。
稽古後の食事会

稽古後は平瀬初段と大山君の3人で食事会で味噌カツを食らいました。
大山君の小学校と新宮の小学校は部活動がない見たいで驚きました。そもそも小学校に部活はいらない。地域活動でやるべきですね。
そもそも欧米から入ったスポーツをやるのはどうかと思う。

スポーツはやる物ではない

私の統計上、小学生からスポーツをやっていた子は、怪我が多い。柔道や野球少年が接骨院に通う子も見受けられます。そもそも、身体が出来てない内から荒く身体を使うので関節等が耐えれない。そういう子は大人になっても直ぐ怪我をする。何気ない稽古で怪我をする。考えられない。
私は小中学校は遊びの延長でやってたし本格的にはやってません(根気と集中力が無かった)。身体が出来てから本格的にやりました。それが良かったのか怪我はあまり無いです。やはり、小中学の子は部活動でなく外遊びで身体を鍛えないと。
上達が早い人、怪我しない人色々いますが、幼少期の過ごし方が大事です。これは決定的ですね。
スポーツは対立、武道は調和。スポーツでもスポーツ道ならいいですが。

護身術・古武術・古武道を習うなら愛知県名古屋市の不二流体術名古屋道場

#護身術 #護身術名古屋 #名古屋市護身術 #護身術愛知県 #子ども護身術

〒457-0835
愛知県名古屋市南区西又兵ヱ町2丁目57

052-880-4504

お問い合わせ