女性護身術

名古屋道場女性護身術

こんにちは、名古屋で護身術と言えば不二流体術名古屋道場です!
今回は、名古屋道場の女性護身術についてお話ししたいと思います。
近年、護身術が流行ってきていますが、その中でも特に女性の護身術が盛んになっています。現に男性より女性の方が護身術への関心が高いのは事実です。勿論、人によって男女関係なく護身術へ関心が高い低いはありますが、割合的に女性の方が多いかなと感じます。
やはり、女性や子供は犯罪被害に遭い易い事から護身術への意識が自ずと高いのでしょう。
意識としては素晴らしいですが、実際に暴漢相手に使えなかったら、その護身術は意味ありません。

誰でも出来る、ジム的な護身術は要注意

最近あるのが「誰でも出来る護身術」や「〇〇〇の軍隊がやってる護身術」「力がいらない護身術」は特に要注意です。全く実戦では使えない護身術と言っても過言ではない。同じ女性が相手なら通用すると思いますが、暴漢者が男性である可能性が高い事から現代のスポーツ的な身体操作では男性相手にしては厳しいのが現実です。
護身術は読んで字の如く身を護る術です。
ジム感覚で楽に身につくものでしょうか?そんな横着な心では先ず身を護る術を身につけるのは不可能です。
それでなくてもスポーツの身体操作は階級制があり自分より重い人とは相手にならない程の差が出来ます。

護身術は部分的な筋力を超える物が必要

スポーツは筋トレと同じです。
部分的な筋力を鍛えるから衰えるし引退がある。それを超える物を本物の護身術では身に付けていきます。
特に女性が護身術を使うためには必要でしょう。
筋肉を部分を強化するのではなく、全身の筋肉の繋がりを作る事が必要です。
筋肉を繋げるから全ての筋肉がそこに集中するので強い力が産まれる。この身体操作があるから技が活きます。

本物の護身術を見極めよう

男性女性子供関係なくやはり本物は大切です。
しかし、本物を見極めるには目利きが必要です。
目利きを身に付けるには、やはり本物に触れる事が大切です。なので、先程の話しもあったように「誰でも出来るジム系の護身術」では楽なので目利きは養えません。
誰でも出来る物は皆んな出来るので当たり前であり価値はない。
そういう意味でも不二流名古屋道場は、内外でもマニア層に評価が高い様に完全に本物思考だす。
真面目に1年通えば間違いなく本物の目利きは出来ます。そして他流派を経験した時に本物であると必ず感じる護身術です。
名古屋で護身術・古武術・古武道を習うなら不二流体術名古屋道場へ。

護身術・古武術・古武道を習うなら愛知県名古屋市の不二流体術名古屋道場

#護身術 #護身術名古屋 #名古屋市護身術 #護身術愛知県 #子ども護身術

               

名古屋道場

〒457-0835
愛知県 名古屋市南区西又兵ヱ町2丁目57

052-880-4504

お問い合わせ
               

大阪道場

〒590-0930
大阪府堺市堺区柳之町西1−3−19  堺市立青少年センター

072-283-3259

大阪道場はこちら