護身術の実用性から見た不二流

護身術の目的

こんにちは、名古屋で護身術と言えば
不二流名古屋道場の岩山です!
今回のタイトルにもある護身術の目的について
お話しさせていただきます。
護身術は読んで字のごとく、身を護る術です。

護身術の定義は広いのですが、
危機的状況を打破するために、相手を
最小限の力を使って過剰に攻撃せず
危機的状況を回避することが第一目的です。

ここで大事なのは、護身術では過剰に防衛しない
ということです。従って、近年流行っているキックボクシングや
総合格闘技や、スポーツ化された柔道や空手では
過剰に防衛してしまうため、護身術とは言えません。

現代社会で相手を過剰に防衛してしまうと、
裁判等で過剰防衛と見なされ、逆に不利になって
しまいます。
また、相手を最小限で防衛することで、
相手に痛い目に遭うと報せることが出来ますし、
そもそも護身術は自分の身を守るのが目的です。
そういう意味からしても、不二流名古屋道場の護身術は
最適と言えます。

実用性・実践性から見た護身術としての不二流

結論から言いますと、実践・実用性から見た不二流の
護身術は、内外問わず高い評価を受けています。
所謂格闘技や空手柔道のように等階級でしか戦えない、
また通用しない、また合気道をはじめとした、現代の合気系の技だけでも
力の強い人に全く通用しません。
まずは不二流名古屋道場の稽古法は、長期的展望に立った
稽古法であるため、段階を経て各々稽古法が違うので
継続さえすれば確実に強くなります。
なぜ長期的展望なのかというと、誰でもすぐに出来ると謳う護身術は、
小手先でやる程度のものです。そんなものが護身術かと問われれば
否定せざるを得ません。護身が身に付くようになるには、心技体全て
必要であり、使えるようになるまで相応の時間も必要になります。
誰でも出来てしまう技術は、相手(暴漢者)にも同じ動きで返されてしまう
可能性があり、護身になりません。お金と時間が勿体ない、と言っても
過言ではありません。
また、本当の合気を使えるようになります。
なので、古武道としての実践性からも護身要素からしても、
実用性から高い護身術になっていると思います。
また、不二流名古屋道場は、長年武道に携わる
ベテランや一流の武道家に高い支持を受けています。
古武道・護身術からしても、本物だという
自負があります。
マニア層の方から運動経験のない初心者の方まで、
一緒に稽古が出来る稽古法になっていますので
ご安心下さい。
最後に、護身術・古武道・古武術を習うなら、不二流
名古屋道場へ。

護身術・古武術・古武道を習うなら愛知県名古屋市の不二流体術名古屋道場

#護身術 #護身術名古屋 #名古屋市護身術 #護身術愛知県 #子ども護身術

               

名古屋道場

〒457-0835
愛知県 名古屋市南区西又兵ヱ町2丁目57

052-880-4504

お問い合わせ
               

大阪道場

〒590-0930
大阪府堺市堺区柳之町西1−3−19  堺市立青少年センター

072-283-3259

大阪道場はこちら