護身術稽古

護身術稽古

愛知県支部道場・護身術月曜稽古。今日は先日、岩倉市から体験に来た方が正式に入門しました。かなり稽古が効いたようです。

ゆっくり動く意味

どんな護身術稽古でも大概はそうですが、なるべくゆっくりと動いた方がいい稽古になると思います。それは、身体の繋がり、意識しなければいけない箇所を探っていけるからです。速く動こうとするとどうしても単調な動きになり、あまり意識も細かく割けず、護身術技の質も上がりません。

鍛錬

武術・護身術をやる上で鍛錬は必要ないと考える流派もあるみたいですが、不二流体術はそうではありません。鍛錬により身体を作っていくことを強く意識しています。身体が作られていなければ、使い方だけ知っていても仕方ないということです。特に足腰の鍛錬は必須です。まずは作る。そして使い方を覚えていく。それも相乗効果でどちらの質も上がっていけば儲けものです。精進あるのみ!です。

護身術・古武術・古武道を習うなら愛知県名古屋市の不二流体術名古屋道場

#護身術 #護身術名古屋 #名古屋市護身術 #護身術愛知県 #子ども護身術

〒457-0835
愛知県名古屋市南区西又兵ヱ町2丁目57

052-880-4504

お問い合わせ