【不二流体術Q&A】 護身術の一種である不二流体術について質問形式で分かりやすく説明します

皆さん、護身術に興味を持ったことはありますか?
普段の生活で、いざ危険な目にあった時、または危険な目に遭っている人を見かけた時、あなたが護身術を知っているか知らないかで、その対処法は大きく変わります。
本道場では、護身術の一種である不二流体術を教えています。

不二流体術は、ただ単に護身のための技を学ぶだけではありません。護身術を身につけるために必要な身体作りをすることに重点を置いています。
それによって人間の生理に沿って効果的に身体を動かせるようになります。
効果的な身体・心の使い方を覚えることで、有事に身を護ることができるようになります。もちろん、有事だけはなく、ひいては、他のスポーツパフォーマンスの向上に繋がったり、日常生活のいかなる場面にも活かされたりと、あらゆる場面で心身のコントロールに変化を感じて頂けると思います。
この不二流体術についてもっと詳しく知りたいと思われたあなたのために、今回はいくつかの質問形式で、不二流体術について説明しようと思います。

不二流体術Q&A

これから不二流体術についてのQ&Aを紹介します。不二流体術とは何かというところから、不二流体術をお勧めする理由まで詳しく解説していきますので、是非ご覧いただきたいです。

Q.護身術といえば合気道を想像する人が多いと思いますが、合気道と不二流体術とは何が違うのですか?

A.合気道は「技」を教えることに重点を置いています。つまり開祖が晩年に編み出した技を教わるのです。しかし、開祖がその域に達するまでには当然様々な過程がありました。そういった過程を全て飛び超えて「技」を教わったとしても、果たしてそれは実際に「使える」と言えるでしょうか?
不二流体術は本当の意味で「技を使える」為に、長期的にそして徹底的に身体と心を鍛えていきます。技を使える身体と心が備わってこそ、つまり心・技・体が一つにまとまってこそ、真に強くなれるのです。
一見、不二流体術の方が遠回りに思われるかもしれませんが、確実に技を獲得するという点で、明らかに近道なのです。

Q.不二流体術はルールや試合がないと聞きました。ではどうやって護身術ができるようになった!という実感を得たり、昇級審査を行ったりするのですか?

A.確かに不二流体術には試合がありません。ですから試合で力を試したり、昇級審査で勝つ
ことにより昇級し、それにより実力を知るような一般的スポーツとは異なります。上述したように、不二流体術は実践的な技を使えるようになるための身体作りをしています。昇級審査で、どのような体勢でも中心軸がしっかりと通っているか、関節や筋肉の繋がりを感じられているか、相手からの力が手の指の先から足の指先まで逃げることなく伝わり、そして全身を循環させた力を発揮できているか、そういったことを見ることで、実力を計測し、昇級審査の基準にもされます。実際には、定期的に三代目宗家が道場に来られて、普段の練習を見ていただきます。そして昇級の審査が行われるのです。

Q.体重や体格の差が強さに反映されることはないのでしょうか?

A.全くありません。ボクシングや柔道を始め多くの格闘技は、体重ごとに階級が分かれています。したがってある階級でトップになったとしても、自分よりも遥かに体格の大きい選手には敵わないといったことは多々あります。ですが、本来武士が戦で実践するための武技から生まれた不二流体術には体重差や体格の差は全くありません。実際に攻撃してくる敵が相手の体重を見て判断するわけがありませんからね。むしろ現代社会では特に体格の大きい人が小さい人を襲う場面の方がより現実に近いでしょう。そういった「圧倒的な体格差をどう埋めるか」、それが不二流体術の真髄なのです。
力で力に対抗するのではなく、力を技で封殺するための合理的な戦術を備えるのです。
したがって、体重が軽い、体格が小さい方でも、日々の稽古によって自分よりも遥かに大きな相手に対抗することができるようになります。

Q.年齢や性別に関係なく入門できますか?

A.はい、どなたでも入門していただけます。これは他のスポーツとの大きな違いと言えるでしょう。多くのスポーツが最も活躍できる「ピーク年齢」というものが存在します。それはスポーツの種類によっても異なりますが、大体10代~30代までといったところでしょう。
不二流体術にはそういったピーク年齢がありません。むしろ鍛錬を重ねることで年齢とともにさらに身体は進化していきます。年齢を重ねても、心と技と身体は衰えることなく、むしろ無駄なものを削ぎ落とし、研ぎ澄まされた技を習得することができるのです。

Q.どのような人が不二流体術を始めるのですか?

A.上述したように、不二流体術には体重ごとの階級もなければ、年齢によるピークもありません。したがって、高齢の方、女性の方、お子様、今までスポーツ経験のなかった方など様々な方にも入門していただいています。または、今まで階級のある格闘技をされていて、体格差で強さに差が出てしまうことに違和感を持っておられた方なども入門されています。今まで自分のやっていた格闘技と不二流体術との違いに驚かれる方も多いです。
このように幅広い層の方々が、様々な動機で入門しておられます。
そしてそういった方々が皆、日々の稽古の中で確実に力をつけていっておられます。

Q.他のスポーツをやっていますが、不二流体術を習うことで現在やっているスポーツにもいい影響はありますか?

A.もちろん他のスポーツをされている方にもメリットがあります。不二流体術では徹底的な
身体作りをします。稽古によって体の中心に一本の軸、体軸を通す姿勢を学びます。この体軸を通した体の動きはあらゆるスポーツにおいて重要です。軸がしっかりと通っていることで怪我のしにくい体を作ることができます。
また、不二流体術では身体の個々の筋肉を鍛えるのではなく、全身の筋肉の繋がり、間接の繋がりを意識して、力を出す練習をします。それによってしなやかで且つ強い力を出すことができます。
実際に多くのスポーツ選手や役者の方々が、自身のパフォーマンスを向上するために護身術を習っています。
現在あなたが行っているスポーツのパフォーマンスをさらに向上させるためにも、是非不二流体術をお勧めします。

Q.不二流体術は腰痛解消・心身の不調解消にも良いと聞きました。

A.そうです。不二流体術の基本は姿勢です。稽古によって自分の姿勢を正しく把握し、その正確性を身につけていきます。腰痛の原因の多くは骨盤の歪みや筋肉のバランスの崩れです。不二流体術を学ぶことでその筋肉のバランスを正し、体の軸を安定させます。それによって腰痛を解消された方も実際におられます。
また、脂肪燃焼効果や基礎代謝を上げる効果もあるので、ダイエットにも最適です。

これらのQ&Aをご覧いただき、あなたが本道場の門を叩きやすくなる、または不二流体術の敷居を下げることができれば幸いです。
少しでも興味を抱いてくださった方は是非お気軽にお電話ください。
℡052-880-4504

随時体験教室も行っておりますので、是非一度お越しください!

               

名古屋道場

〒457-0835
愛知県 名古屋市南区西又兵ヱ町2丁目57

052-880-4504

お問い合わせ
               

大阪道場

〒590-0930
大阪府堺市堺区柳之町西1−3−19  堺市立青少年センター

072-283-3259

大阪道場はこちら