不二流体術とは

不二流体術の精神性

Slider 1

不二流体術とは審判のいない、即ちルール不在の中で行われていくというのが前提にあります。

その為に慎重さと大胆さを兼ね備える事が必要であり、且つ人間の生理に沿った身体運用が求められます。

体験練習の詳細はコチラ

不二流体術の技術

不二流体術は、突き・蹴り・当身・逆・投げ・固め・締めといった、古来から伝わる日本伝統の古武術を基本に、現代人の特性に合わせた体術技法を持つ総合武術です。現代スポーツと異なり、古武術を発展させた不二流体術は、審判のいない、ルール不在の中で行われるという大きな特徴があります。そのために、一人一人が慎重さと大胆さを兼ね備えることが必要であり、同時に、人間の生理に沿った効果的な身体運用が求められます。
これらの要素は、武術の神髄を極めたい方はもとより、体力の弱い女性や高齢者の方にも、護身術として無理なく身に付けることのできる効果的なものでなければなりません。稽古でそれをしっかりと身に付けるために、押し相撲や捌きを通して実戦感覚を養います。

不二流体術の基本技

不二流体術の基本をまとめました。(突き・体捌きなど)
突き・体捌きなど、不二流体術の基本をまとめました。古武術の教えを体現し、柔らかな上半身を無理なく使って最大限の力を引き出しています。柔軟な動きの中にもスピーディかつ破壊力のある伝統の基本技は、女性の護身術にも最適です。

不二流体術の基本技 短刀

短刀で不意に襲ってくる暴漢への備えは、今や現代人必須の技。女性の護身術としても、特に求められる要素といえるでしょう。古武術
を発展させた不二流体術の基本技を応用することにより、大きなリスクを冒さず、実戦的で素早く身を守ることができます。

不二流体術 神田祭 奉納演武

日頃の成果の集大成が「奉納演武」です。江戸総鎮守・神田明神で2年に一度催され、日本三大祭りに数えられる「神田祭」にて、不二流体術・武道奉納演武を行いました(2018年5月)。

〒457-0835
愛知県名古屋市南区西又兵ヱ町2丁目57

052-880-4504

お問い合わせ