子供教室

まず初めに取り組むのは、躾、体力づくり、身体能力の向上。
それが、何事にも動じない・物怖じしない強い心。 度胸や諦めない心の土台になります。
不二流なら、子どもさんに身につけてほしい生きていく力の
基礎を養うことができます。

不二流は、幼少期の習い事として最適です

稽古の様子


当道場では、大人こども問わずですが、正座をし、心を込めての挨拶から始まります。そして、稽古の前と後に、こちらも心を込めて、感謝の気持ちで雑巾掛けをします。そのために、初めは雑巾を絞るところから教えます。雑巾を絞ることは、握力の強化になりますし、雑巾がけは、前腕や上腕三頭筋、肩や体幹の強化になります。
日本にもともと存在していた「我慢する」「子どもが家族の一員として家事を手伝う」ということが、実は子供達を強くしていたのです。
不二流では、まず、正座・挨拶・掃除から、真摯に取り組むことを教えています。


強い心

正しく座り(正座)、大きな声で挨拶する。稽古で掛け声を大きく出す。
大きな声を出す事は、実は非常に大切なことです。初めは声を人前で大声を出すのが恥ずかしがります。
慣れない稽古はきついです。しかし、慣れない稽古にも、いつしか慣れてきます。そういう事を続けていると、段々と心身ともに強くなり、自信がつき、少々のことには物怖じしなくなり度胸が自然についていきます。
そして、新たな課題が立ちはだかったとしても、それに負けない、最後まで諦めない心が、自然と身につきます。


保護者の方へ


子供教室では、まず体力作り、身体能力をアップさせます。

そして、不二流体術独自の色々な部位を動かす運動と様々な部位を鍛える稽古を行い、身体能力や感覚を高めるので、他のスポーツは勿論、様々な分野で活躍できるようになります。


体を壊さない


大声を出したり、上手い逃げ方をしたり、転んだ時に頭を打たない為に受け身をきちんと出来ることが、本当の護身になります。勿論、それと並行して身体作りを地道に行っていきます。

子供のうちから、試合偏重、勝利至上主義のクラブや部活に入ってしまうと、繊細な身体は、悲鳴をあげて壊れてしまいます。お子様の可能性を広げる習い事が、最善だと考えています。


不二流は、子供の柔軟な心身を活かした稽古で
お子さんの可能性を最大限に広げます。

昔は、外で遊ぶうちに、身体能力は自然に鍛えられていましたのです。

しかし、和式トイレが無くなり、しゃがむことも無くなり、後ろの筋肉(ハムストリングス)や、背中の筋肉(脊柱起立筋群等)が弱くなり、足腰も弱くなっています。現代の子供の運動神経、体力の無さは国をあげて対策しないといけないとこまできているのが、実情です。

不二流は、しなやかで、強い心身を獲得するに最適な武道・習い事で有り続けるよう、お子様の指導に取り組んでいます。

無料体験ご予約

まずは個々のご都合で結構です。ぜひ、一歩前に踏み出しましょう。
そして無料体験に来てください。私岩山が初めて感じた感動を味わっていただけることを
お約束します。無料体験後もご検討頂いてOKです。

体験練習・相談無料 不二流体術の特徴は「一歩前に出る」ことです